FC2ブログ
 

Technology へようこそ
ここは技術者の「経験」と「ノウハウ」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年12月09日

BI考

BIとは、業務システムなどから蓄積される企業内の膨大なデータを、
蓄積・分析・加工して、企業の意思決定に活用しようとする手法の
ことです。

実現方法としてはデータウェアハウス(DWH)やデータマイニングなど
が挙げられますが、さて。DBを設計する手法(どう設計する)は?
というと、実際に経験のある方しかすぐには思い浮かばないのでは
ないでしょうか?
もちろん、昨今のハードウェアにモノを言わせるという手もありますが、
膨大なデータをいかに処理するか、目的のデータにいかに早く行き着く
か、ということはDWHに限らず求められる要件ではあります。

簡単な例を示しましょう。下記のような売上実績テーブルがあります。
これにキーテーブルを作成し、売上実績テーブルをアクセスする際には
キーテーブルを通して検索を行う、というものです。一般に、売上実績
テーブルはファクト表、キーファイルはディメンジョン表と呼ばれます。

売上実績テーブル
(年)(月)(日)(週)(曜日)(時刻)(営業日)(店コード)(レジ№)(取引番号)
(商品コード)(商品名)(数量)(単価)(値引額)(取引種別)

(キーファイル1)
(時刻)(年)(曜日)

(キーファイル2)
(商品コード)(年)(曜日)

(キーファイル3)
(店)(年)(曜日)

一見、無駄に思えるキーファイルですが、適切に設計すれば安定した
パフォーマンスを得ることができます。

SQLServerやOracleのフルテキストインデックスやクラスタ化インデッ
クス、またはパーティショニングなど、DWHの敷居を低くする機能を搭載
したRDBもありますが、基本は設計時にアクセスパスを最適化するために
どう工夫するか?ということだと思うのです。

Windows7の登場で肥大化する一方のOSは(動きは)軽くなりましたが、
あなたの設計したシステムは?さあ、どうでしょう。

[ posted by H.K ]

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://comfair2.blog24.fc2.com/tb.php/447-5456172d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。