FC2ブログ
 

Technology へようこそ
ここは技術者の「経験」と「ノウハウ」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年11月28日

Silverlight - 開発ツール

Silverlightアプリケーションを開発する為に必要なソフトを取り上げてみました。
(各バージョンは執筆時点のものです。)

◆Visual Studio 2008 SP1◆
各エディションの紹介
◎Team System
 複数の開発者で構成されるプロジェクトチームを想定したバージョンであり、Visual Studioの最上位のものです。基本機能すべてに加えて、プロジェクト管理関連のツールが含まれているそうです。
◎Professional Edition
 主に小規模の開発プロジェクト想定しており、小~中規模のアプリケーション開発には必要十分な機能を備えているといえます。
◎Standard Edition
 個人プログラマを対象にした構成のようです。決してアプリケーション開発に不十分というわけではなさそうです。
◎Express Edition
 評価、学習用の無償エディションであり、開発されたプログラムは業務で使用することはできません。

Silverlightのアプリケーション開発を行うならば、Professional Editionを選択すべきです。
Microsoftのダウンロードサイトで評価版が提供されています。

SP1の導入時の注意
インストールを開始する前に、Machine Debug Managerサービスを停止する必要があります。

◆Microsoft Silverlight Tools◆
Microsoftのダウンロードサイトにて提供されているToolになります。
Visual Studioをインストールした後で導入して下さい。

◆Expression Studio 3◆
Expression Studio 3に含まれている、Expression Blend 3を導入し、Silverlightアプリケーションのユーザーインターフェイスをデザインすることができます。

Expression Blend 2を使用する場合は、ServicePackを適用して下さい。

[ posted by h.i ]

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://comfair2.blog24.fc2.com/tb.php/445-4f6f61d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。