Technology へようこそ
ここは技術者の「経験」と「ノウハウ」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月12日

IEnumerable(of T)

最近、Silverlight2を使ってアプリケーションを作っています。最近は
Webで検索するとなんらかのサンプルコードが出てくるので初心者には
ありがたいのも事実ですが、WPF/SilverlightはC#のサンプルが多く、
VB.NETのサンプルが少なくて・・・。

Silverlight2のツールキットはソースが公開されていますが、C#で書か
れているのは御存知のとおり。そのせいもあるのかなあ・・・。と
思っています。

初心者にはかなり敷居が高いです。

コードを書いてはハマり、書いてはハマリの繰り返し。こんな辛い日々
は久しぶりで、とにかくやりたいことがスムーズにできない。何をやる
にもストレスがたまるのです。

DataGridにデータバインドしたデータの件数を取得したい。
こんなこともスムーズにできません。

「一番確実なのは、ItemsSourceに設定してるもとのListや配列から件数
を取得する方法。もう1つはItemsSourceをキャストしてIEnumerableや
Listとかにしてから件数を取得する方法。」

らしいのですが、C#のサンプルはいくらでもあるのですが、VB.NETは
いくら探してもないのです。
(C#を解析すればいいじゃないか、というツッコミは"なし"です。)

ジェネリック型はあまり使ったことがなかったのですが、DataGridを
キャストして直接取得。

Dim Cnt As Integer
Cnt = DirectCast(DataGrid.Itemsource,IEnumerable(of DataClass).count

ジェネリック型に指定したのはItemsourceとしてバインドしたオブジェ
クトのデータクラス名です。
こんなことに時間がかかるのは不本意なのですが。
・・・我慢の日々です。

[ posted by H.K ]

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://comfair2.blog24.fc2.com/tb.php/427-d673c452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。