Technology へようこそ
ここは技術者の「経験」と「ノウハウ」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月01日

WindowsOSのバージョンを取得するAPI

Windows2000で使っていたVBのプログラムをWindowsXPで実行したところ、正しく動かない箇所が見つかり、修正が必要になりました。
しばらくの間は、Windows2000でもWindowsXPでも使用するので、どちらでも実行できるようなプログラムにする必要があります。

なかなか複雑なプログラムで、修正した時に何処に影響がでるか判らなかったので、OSのバージョンを判定し、Windows2000ならば既存の処理のままとし、WindowsXPの時には修正したロジックを通るように改修することになりました。

そこで、GetVersionEXというWindowsのAPI関数を利用しました。
この関数を使うとWindowsのバージョン番号が取得できます。
Windows2000のメジャーバージョンは”5”、マイナーバージョンは”0”。
WindowsXPのメジャーバージョンは”5”、マイナーバージョンは”1”。
この値を利用して、処理を分岐して対応完了!

Windows2003やVistaでもバージョン番号が取得できるので、さまざまなWindowsOSで使用する必要があるプログラムを作るのに重宝するかと思いアップしました。


[ posted by h.i ]

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://comfair2.blog24.fc2.com/tb.php/425-c2389e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。