Technology へようこそ
ここは技術者の「経験」と「ノウハウ」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月07日

ActiveDirectryの移行

以前、このブログ内で【GPMC(グループポリシー管理コンソール)】について簡単に紹介しました。
移行作業後、GPOの管理が直感的に行うことができるようになり、とても重宝しています。

さて、今回はその記事の中で少しだけ触れていた【ADMT(Active Directory 移行ツール)】について、簡単ではございますが紹介したいと思います。

【ADMT】はWindowsServer2003のインストールディスク内(\I386\ADMT)にインストーラがあり、使用する場合はこのディスク内にあるインストーラを実行する必要があります。
インストール方法は、特に難しいことはなく基本的には「次へ」をクリックしていくだけで完了します。

【ADMT】を利用すると、NTドメインから、WindowsServer2003のActiveDirectorへ「ユーザー」や「グループ」を一括で移行できるため、対象データが多い場合はTCOの削減や入力間違いを無くすことができとても便利です。

また、移行ツールを使うと「ユーザー」や「グループ」にSIDの履歴を保有させることができ、旧NTドメインの資産に対するアクセスをシームレスに行うことができるようになります。
この機能は、新ADドメインと旧NTドメインが移行中などで共存するような場合にとても役に立つ機能だと思います。詳細については、マニュアル等を参照して下さい。

[ posted by h.i ]

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://comfair2.blog24.fc2.com/tb.php/418-a76e2335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。