FC2ブログ
 

Technology へようこそ
ここは技術者の「経験」と「ノウハウ」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年02月22日

RIAってどうなの?

一口にRIA(Rich Internet Application)といっても、Ajaxから始まって、Flash、Flex、AIR、Java FX、Silverlight、WPFと様々な形態があり、現時点で既にかなり複雑怪奇な世界が繰り広げられている様子。
業務アプリケーションには不要と割り切って手を出さないのもアリかもしれませんが、グレー色のフォームに四角いボックスやボタンがペタペタ貼られているだけの殺風景なC/Sアプリに辟易しているのも、また事実。
Webアプリ開発においては、それなりにデザインにも配慮されているのだろうと思いきや、こと業務アプリという範疇においてはC/Sアプリとさほど変わらない、地味なイメージのシステムも多いようです。

見栄えが良ければ使い勝手も良いのか、というと必ずしもそうではなかったりするのがUIデザインの難しさだとは思いますが、業務アプリだけがいつまでもWindows3.1時代のイメージを引きずっているのもおかしな話なわけで、いいかげんそろそろ変革の時期が来ているとしてもおかしくありません。
そんなふうに考えている人が多いのかどうかは謎ですが、ここにきて妙にRIAが盛り上がっているのも、UI、UXの領域でブレイクスルーしたい欲求が高まってきているということなのかもしれません。

ま、そんなわけで、とりあえず一番とっつきやすかったSilverlight2でちょっと遊んでみました。
本当は仕事と絡めて、DBサーバとの連携手法を一番知りたかったのですが、時間的余裕がなくなってしまったので、それはまた次の機会に。
Silverlightプラグインを入れていない方はこれを機に是非導入してみてくださいな。

掲載したのはStoryboardを使った動きのあるイメージビューアです。(画像は弊社社長ブログから拝借)
こういったお遊び程度のものなら一瞬で作れて楽しいのですが、実際の業務アプリレベルまで仕上げるとなると、調べなければいけないことが山積みで気が遠くなりそうです…。



[ posted by ken ]

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://comfair2.blog24.fc2.com/tb.php/409-dd467d75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。