Technology へようこそ
ここは技術者の「経験」と「ノウハウ」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年02月16日

コード型とデータ型

私の経験則から。
この業界に属する人間は3つのタイプに分かれると思っています。

1.コード至上主義。とにかくこの業界、コードが無きゃ始まらないという人。
この人はシステムとの関わりはまずコードをはじめとするプログラムから。
あるいは仕様書を見ないと安心しない人々。

2.データ至上主義。とにかくDB。データベースの構成やテーブルの関連がわ
かると幸せを感じる。プログラムの作りよりもデータ操作上の効率性を追求す
る人々。

3.その中間型。どちらからでも入れる人。ある意味ゼネラリストですがある意
味中途半端。どっちつかずなので最終的には管理(マネジメント)方面に振っ
て成功するタイプ。

賛否両論あるかと思いますが、私は2.データ主義タイプ。前々からブログでも
言及しているとおり、

「よいDB設計はER図を見ただけでシステムが理解できる」

が持論です。また、テストフェーズでは「どうやって大量データを作ってやろ
うか」と考えている人で、ツールを作成することがあまり苦にならない。シス
テムテストでやるべき性能試験を単体テストフェーズで実施してボトルネック
の当たりをつけるなどを得意としています。
単体テストで当たりを付けて後日、システムテストで再確認するほうがコスト
的にも有利なのはみなさんご存知のとおりです。でも、失敗したことはないか
って?その話はまた今度。

みなさんはどのタイプ?
[ posted by H.K ]

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://comfair2.blog24.fc2.com/tb.php/408-24efcc86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。