Technology へようこそ
ここは技術者の「経験」と「ノウハウ」のブログです


--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月30日

NULL値の整列順

OracleにおいてNULL値を含む項目をORDER BY句で昇順(ASC)指定したい場合、
通常、NULL値は最後(≒無限大)になってしまいます。降順指定ではもちろん
最初になります。

Oracle 8.1.6 以上であれば、オプション指定により昇順の場合に最初に持
って来れたりします。

例) ORDER BY 項目名 NULLS FIRST

御想像のとおり最後に持ってくるのは NULLS LAST というオプションです。
SQLServerでこれをやるなら Isnull関数を使うのが手っ取り早いかなぁと
思います。

ORDER BY句のオプション指定は他にもいろいろあります。

でも、そもそもnull許容項目において昇順にしたいなんていうのは仕様が
おかしいのではないか。なかにはプライマリキー項目でnull許容がしたい
などと言う輩が居たりするのはほんとうに嘆かわしい。(できねえよ!)

相変わらず、DB設計はおざなりにされているようですねぇ。
みなさんの会社ではどーですか?

[ posted by H.K ]

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://comfair2.blog24.fc2.com/tb.php/396-59239b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。